老い活とは(TOP)

終活前にしておきたい、老い活

老い活とは何か

老い活(おいかつ)とは、高齢期を楽しく元気に過ごすための活動です。

終活(しゅうかつ)ももちろん大切ですが、それ以前に老い活を始めることで、健康で明るい未来が待っています。

人生100年時代、「終活」なんてまだまだ先の話。

まずは、自分の人生を元気に過ごす「老い活」から始めましょう。

終活(しゅうかつ)と老い活(おいかつ)はどう違うの?

終活(しゅうかつ)

終活とは、生前の準備や相続など、自分が亡くなった後のことを考えるものです。

老い活(おいかつ)

老い活とは生涯現役でいるために、健康で楽しい高齢期を迎えるための老いないための活動です。年代ごとに始め方があるので、自分に合った方法を行いましょう。

世代別の老い活(おいかつ)の始め方

ここでは、「老い活」から考える「働き方について」

生きがいを持って働いて社会とのつながりを持ちましょう

  • 50代:定年前後に新しいスキルや資格を身につける計画を。定年後はどんな活躍をするのかを見つめ直します。必要なら資格を取得したり新しいスキルを身につけたりします。
  • 60代得意分野を生かして働く機会を。再雇用されるかもしれませんし、何日か働くことで生活の一部を稼ぐこともできます
  • 70代社会貢献ボランティア活動に取り組む楽しさを。自分が必要とされる人がたくさんいます。高齢者支援や子供サポートなど、社会貢献の場は無数にあります。
  • 80代健康的な生活と人とのつながりを大切にしながら、終活を考えましょう。健康的な生活を送るためには、出かける機会を持つことが重要です。孤立しないように、人とのつながりを大切にしましょう。

理想の老い方

穏やかな老いの受け入れ

介護福祉士の私が見てきた多くの高齢者の中で、私が目指す理想的な老い方は「穏やかに老いを受け入れ、生涯現役でいる」ことです。

不要なものの手放し

肩書きや負の感情など、要らないものを手放して軽やかに。

健康で健やかに過ごすためには、必要ないものは手放すことも大切です。

それは、肩書きであったりプライドだったり、妬みや恨みなどの負の感情です。これらを手放すことで、心は軽くなり、身体も健康を保ちやすくなります。これが、私たちが目指す「老い活」の姿なのです。

老い活、一緒に始めませんか?

私たちが目指す「老い活」は、皆さん一人一人にとっての新しい人生のステージです。老いを楽しく、穏やかに受け入れ、現役でいることができます。

じゃあ何から始めればいいのでしょうか?

一緒にこれから老い活を始めましょう。新しい未来が待っていますよ。

このブログでは、皆さんと一緒に老い活のスタートを切りたいと思います。さあ、一歩踏み出しましょう。

未来の自分への最高のギフト、「老い活」を下の次へボタンから始めよう!

タイトルとURLをコピーしました